CASE STUDY

導入事例

日本興商株式会社様のWorkSpacesを活用した導入事例

導入背景

  • 1.外出先にて案件情報を確認したいが、機密情報が多く含まれているため持ち出せない。
  • 2.外出先から、社内の事務メンバーと共有しているドキュメントをタイムリーに確認したいがメールのやりとりでは誤送信のリスクを解消しきれない。

Amazon WorkSpacesとは

Amazon Web Services(以下、AWS)が提供している「フルマネージド型仮想デスクトップサービス」であり、以下の特徴を持っています。

1.初期投資不要で、1台から始められる

AWSを利用したお客様ならわかると思いますが、他のサービスと同様初期費は掛かりません。ちょっと試してみたいなと思った場合、AWSのアカウントさえあれば、1台/月額$34(2020年12月時点の東京リージョンでの費用)から利用可能です。

2.事前サイジング不要。スペック変更が容易

WorkSpacesはWindowsサーバOS上のデスクトップエクスペリエンスとなるため、最小スペックである1vCPU/2Gメモリでも問題なく利用可能です。とはいえ、もっとマシンスペックが欲しいといった場合、すぐに変更可能ですので、事前サイジングは不要です。
(ただし変更にはマシン停止、および最大30分程度かかるので注意が必要。また、費用を出すためにはある程度のサイジングは必要です。)

3.AWSの各リージョンで利用可能

日本、北米、南米、アジア、ヨーロッパなど、AWSが提供している代表的なリージョンでWorkSpacsesが利用可能です。 企業によっては、海外に支店があり海外のユーザもVDIを利用したい、という要件があるかと思います。 ただ、日本へアクセスする場合は速度に課題が…というお客様の場合、海外ユーザ用にWorkSpaces環境を構築することも可能です。
日本の拠点と専用線で接続したいといった場合もAWSの場合、DirectConnect Gatewayを使えば海外リージョンとも専用線で気軽に接続できるので安心です。

日本興商株式会社について

日本興商株式会社は2001年2月設立。20 年目を迎え、躍進を続ける企業です。 本社工場は、16500平方メートルと広大な面積を有し、和泉、富田林、尼崎、姫路、名古屋、熊本に営業所を展開! 手広く事業を行う総合リサイクル商社です。 http://www.nipponkosho.co.jp/
日本興商株式会社 代表取締役社長 清水政夫

導入効果

外出先からAmazon WorkSpaceを利用することで、情報漏洩リスクの懸念からできなかった顧客情報の確認ができるようになった。 また、社内メンバーとの共有ドキュメントもセキュリティを担保したまま確認ができるようになった。

構成図

日本興商株式会社様のWorkSpacesを活用した導入事例

使用しているサービス

AWSプロダクト サービス概要
Amazon WorkSpaces ドメインのネームサーバ
Amazon CloudFront 配信高速化するウェブサービス
Amazon S3 静的Webページをホスティングするサービス
Amazon CloudWatch アプリケーションをモニタリングするサービス
Amazon Certificate Manager SSL/TLS 証明書のプロビジョニング、管理、およびデプロイ