ServiceAmazon WorkSpacesテレワーク環境導入サービス

高いセキュリティ性能を備えたテレワーク(リモートワーク)環境を実現

こんな課題を
抱えていませんか?

  • テレワークを導入したい、環境は素早く構成する必要があります
  • 社内に知識を持った人材がいないし、構築コストはかかると思っています
  • コロナ事態が収束して通常勤務にもどった後も高額なソリューション利用料を払い続けたくない
導入の流れイメージ

AWSの仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」を導入

協栄情報は、AWSのAmazon WorkSpacesを活用して、仮想デスクトップ基盤を導入します。
Amazon WorkSpacesは高セキュリティ・高性能なAWSマネージドサービスで、24時間365日安心して利用できる、貴社専用のクラウドデスクトップ環境を構築することが可能です。
また、Amazon WorkSpacesは、1ユーザーあたり月額30ドル前後から利用することができます。
専用のPC端末を購入したり、キッティング(PCの設定やソフトウェアのインストールなど)を行ったりする従来の運用と比べて、大幅にコスト削減することも可能です。

Amazon WorkSpacesとは

協栄情報は、AWSのAmazon WorkSpacesを活用して、仮想デスクトップ基盤を導入します。
Amazon WorkSpacesは高セキュリティ・高性能なAWSマネージドサービスで、24時間365日安心して利用できる、貴社専用のクラウドデスクトップ環境を構築することが可能です。
また、Amazon WorkSpacesは、1ユーザーあたり月額30ドル前後から利用することができます。
専用のPC端末を購入したり、キッティング(PCの設定やソフトウェアのインストールなど)を行ったりする従来の運用と比べて、大幅にコスト削減することも可能です。

Amazon WorkSpaces(仮想デスクトップ)の特長

(1)テレワーク(リモートワーク)環境の整備

AWSのプラットフォームを活用し、いつでもどこでも、どのようなデバイスからでも安全に業務ができる環境を構築。
貴社の働き方改革や生産性の向上を推進します。

(2)高いセキュリティを実現

高セキュリティのAWSプラットフォームを基盤とした上で、Amazon WorkSpacesにも多要素認証(MFA)やアクセス制御設定などの様々なセキュリティ対策機能が搭載されています。
AWSをフル活用することで、貴社の情報セキュリティの向上を実現します。

(3)社内PC環境のコストを削減

Amazon WorkSpacesの導入により、物理的なPCの購入や管理を不要にすることができます。
また、新しいメンバーが入ったときのキッティング作業、定期的な棚卸、業務データ消失時の対応など、社内PCに関わる膨大な業務負荷の削減にも繋がります。

AWSの仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」を導入

協栄情報は、AWSのAmazon WorkSpacesを活用して、仮想デスクトップ基盤を導入します。
Amazon WorkSpacesは高セキュリティ・高性能なAWSマネージドサービスで、24時間365日安心して利用できる、貴社専用のクラウドデスクトップ環境を構築することが可能です。
また、Amazon WorkSpacesは、1ユーザーあたり月額30ドル前後から利用することができます。
専用のPC端末を購入したり、キッティング(PCの設定やソフトウェアのインストールなど)を行ったりする従来の運用と比べて、大幅にコスト削減することも可能です。

Amazon WorkSpaces(仮想デスクトップ)の特長

(1)テレワーク(リモートワーク)環境の整備

AWSのプラットフォームを活用し、いつでもどこでも、どのようなデバイスからでも安全に業務ができる環境を構築。
貴社の働き方改革や生産性の向上を推進します。

(2)高いセキュリティを実現

高セキュリティのAWSプラットフォームを基盤とした上で、Amazon WorkSpacesにも多要素認証(MFA)やアクセス制御設定などの様々なセキュリティ対策機能が搭載されています。
AWSをフル活用することで、貴社の情報セキュリティの向上を実現します。

(3)社内PC環境のコストを削減

Amazon WorkSpacesの導入により、物理的なPCの購入や管理を不要にすることができます。
また、新しいメンバーが入ったときのキッティング作業、定期的な棚卸、業務データ消失時の対応など、社内PCに関わる膨大な業務負荷の削減にも繋がります。

AWSクラウドでリモートワーク環境構成メリット

  • デスクトップの提供を簡素化

    Amazon WorkSpacesではデスクトップのプロビジョニング、デプロイメント、メンテナンス、リサイクルなど、多くのデスクトップ管理関連タスクを排除できます。
    管理すべきハードウェアインベントリは少なくなり、スケールできない複雑な仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI) のデプロイも不要になります。

  • コスト削減

    Amazon WorkSpacesでは、クラウドデスクトップにオンデマンドでアクセスできるため、デスクトップパソコンやノートパソコンを買い込む必要がありません。
    クラウドデスクトップには、ユーザーのパフォーマンスニーズを満たすために、コンピューティング、メモリ、ストレージの広範なリソースが含まれています。

  • データを安全に保つ

    Amazon WorkSpacesはAmazon仮想プライベートネットワーク (VPC) 内にデプロイされ、AWSクラウド内の永続的で暗号化されたストレージボリュームへのアクセスを各ユーザーに提供し、AWS Key Management Service(KMS)と統合されます。
    ローカルデバイスにはユーザーデータが保存されません。
    これにより、ユーザーデータのセキュリティが向上し、リスクにさらされる領域が全体的に減少します。

  • グローバルなデスクトップデプロイの
    一元管理とスケーリング

    Amazon WorkSpacesは13か所のAWSリージョンで利用できます。
    チームが仕事を行う先のどこからでも高パフォーマンスのクラウドデスクトップにアクセスできます。
    何千ものWorkSpacesのグローバルなデプロイメントはAWSコンソールから管理できます。
    また、労働力のニーズの変動に応じて、デスクトップのすばやいプロビジョニングとプロビジョニング解除が可能です。

Amazon WorkSpacesのシステムアーキテクチャ

システムアーキテクチャイメージ

Amazon WorkSpacesで構築する仮想デスクトップ環境には、手元の端末から、インターネットや専用線を通じてアクセスします。
AWSのゲートウェイ装置を経て貴社専用のデスクトップ環境に接続すると、仮想化されたデスクトップ画面が接続元の端末に転送されます。

Amazon WorkSpacesのセキュリティ対策

AWSはセキュリティに大規模な投資をしており、堅牢なマネージドサービスの提供、セキュリティのベストプラクティスの整備、第三者認証の取得などを行っています。

Amazon WorkSpacesでは、さらに以下のようなセキュリティ対策を行うことができます。
多要素認証 (MFA:Multi-Factor Authentication)ID・パスワードに加えて、ハードウェアやソフトウェアによって生成されたワンタイムパスワードを組み合わせて本人認証を行います。

項目 説明
IPアドレスによるアクセス制御 Amazon WorkSpacesへのアクセスを許可するIPアドレスを、特定の範囲内に指定できます。
端末によるアクセス制御 以下の設定が可能です。
・デバイスタイプ(ブラウザ、iOS、Android等)ごとにアクセスの可否を設定
・クライアント証明書がインストールされた端末だけにアクセスを許可
ユーザーごとの利用制限 ユーザーごとに以下の例のような様々な設定を行うことができます。
・不要なアプリケーションの利用制限
・ローカルPCへのデータコピーの禁止

Amazon WorkSpacesの導入の流れ

ヒアリングの際にクラウドの環境設定に必要な情報をお伺いいたします。
設定の工程において、お客様側のルータの設定変更などが必要なため、一部の作業をご協力いただく必要がございます。

導入の流れイメージ

Amazon WorkSpacesが対応するシステムの例

テレワーカー(リモートワーカー)向けデスクトップ環境

新しい働き方の一環としてのテレワークの導入や、組織再編・合併などに伴うグローバル展開時に必要な業務用デスクトップ環境の整備を行います。

短期的プロジェクトやトレーニング用のデスクトップ環境

期間限定のキャンペーン活動、災害などの緊急時対応、社員・アルバイトのトレーニングなど、AWSプラットフォームの高い俊敏性を生かして様々な用途に利用できます。

厳格なセキュリティポリシーへの準拠

Amazon WorkSpacesには、AWSの強力なセキュリティ対策が適用されており、高度なセキュリティ要件の達成や、コンプライアンス対応を行うことができます。 Bring your own device (BYOD)で持ち込まれた個人の端末と、業務データを分離したい際にも利用できます。

Amazon WorkSpacesの料金プラン

WorkSpaces(Windows、東京リージョン)の費用について代表的なものは以下の通りです。
WorkSpacesは月額料金(固定)と時間課金の2つのタイプが存在します。
1カ月のうち数日しか利用しない、といった場合時間課金の方が安くなりますが、大体80時間程度(約10営業日)以上利用する場合、月額のメニューより高くなってしまいます。
そのため、利用用途に合わせて選択するのが良いでしょう。

目的 プラン 料金
WINDOWS 仮想デスクトップ Value(1vCPU/2GiBメモリ) 1ユーザーあたりの月額費用:$34
Standard(2vCPU/4GiBメモリ) 1ユーザーあたりの月額費用:$47
LINUX 仮想デスクトップ Value(1vCPU/2GiBメモリ) 1ユーザーあたりの月額費用:$30
Standard(2vCPU/4GiBメモリ) 1ユーザーあたりの月額費用:$43

Contactお問い合わせ

  • aws 100CERTIFIED
  • aws PARTNER Advanced Tier Services
  • aws PARTNER Solution Provider
  • aws PARTNER Public Sector
  • ISTOB
  • JSTOB